テレビ(料理・健康・お役立ち)

【ハナタカ優越感】美味しいアボカドの見分け方とは?食べごろ・保存方法や美味しい食べ方もご紹介!(10/3放送)

2019年10月3日に放送された「ハナタカ優越感」では、美味しいアボカドの見分け方や食べ方、食べごろや保存方法について紹介されました。

女性の間でも非常に人気の高い食べ物が「アボカド」。

最近ではこのアボカドを使った料理もかなり増えてきました。

そんなアボカドですが、せっかくなら一番美味しい方法で食べたいですよね。

そこで今回はアボカド専門店が紹介してくれた美味しいアボカドの見分け方をはじめ、食べごろはいつか、美味しさを保つ保存方法、オススメの食べ方をご紹介いたします。



スポンサーリンク

アボカドは世界一栄養素が豊富なフルーツ!美味しい時期はいつ?

普段何気なく食べている方も多いアボカドですが、実は栄養価が世界一と認定されているスゴイ食材です。

まず注目したいのは「カリウム」です。

このカリウムは血圧の上昇を抑えてくれる効果がありますが、なんとこのカリウムはアボカド1つで納豆4パック分も含まれています。

また、ビタミンB6も豊富な食材としてパセリが挙げられますが、アボカドはそのパセリ140g分のビタミンB6が含まれています。

もちろんこの他にも18種類の必須アミノ酸や14種類以上のミネラルがたっぷり配合されています。

その栄養価は世界にも認められており、なんとギネス記録も持っています。

そんなアボカドですが、油分が多いことから「森のバター」と呼ばれていることは皆さんもご存じのことと思います。

実は10月以降の今の時期が一番油分が多く、食べごろの時期となっているんだとか!

美味しいアボカドを食べたいならば、今がチャンスというわけですね。

美味しいアボカドの特徴とは?見分け方をご紹介!食べごろの状態は?

アボカドは美味しいと評判ですが、せっかくならより美味しいアボカドを食べたいものですよね。

そこで次は美味しいアボカドの見分け方をご紹介します。

アボカドは丸いイメージがありますが、丸すぎると種が大きくなっていることがあるそうです。

また、細長いアボカドは端の部分が傷みやすいという特徴があるので、美味しく食べられない可能性もあるとのことでした。

そして一番理想的な形はその間を取った「タマゴ型」のアボカドがオススメです。

また食べごろのアボカドは、見た目が黒っぽくなっているのが一番の食べごろです。

固さは手に吸い付くような柔らかさがあると程よく熟していて美味しく食べられます。

また、ヘタが皮よりも浮いているものも美味しいアボカドの特徴です。

まだ食べるのが早いアボカドはヘタが皮に埋め込まれているような状態ですが、食べごろになるとそのヘタが出てくるそうです。

スーパーで販売しているアボカドは、完全に熟した状態ではないことが多いです。

なので購入した後はしばらく放置して黒っぽくなって柔らかくなるまで追熟させることが美味しいアボカドを食べる方法の1つとなります。

アボカドの美味しさを保つ保存方法とは?

料理などで使ったアボカドが余ってしまった場合、別日に使うために保存する方も多いと思います。

できることなら、アボカドの美味しさを保ったまま保存したいですよね。

ではそのためにはどうすれば良いのでしょうか?

アボカドを保存する時は切った玉ねぎと一緒に入れて保存!

一度切ったアボカドを保存していると、どんどん酸化が進んで黒くなってしまうことがあります。

そんな酸化を防ぐのに役立つのが玉ねぎです。

その際は玉ねぎもスライスしておくと良いでしょう。

玉ねぎと一緒にタッパーなどの密閉性の高い容器に入れて保存をすれば、酸化するのを防ぐ可能性があるそうです。

もちろん長時間保存していると酸化してしまいますが、すぐに使う分には問題なく美味しさは維持することができます。

保存する時は温度にも注意!

アボカドを保存する時は酸化の予防も大事ですが、実は温度もかなり重要です。

保存する温度が低いとアボカドに黒い筋ができてしまうことがあるそうです。

逆に保存する温度が高いとアボカドは茶色に変色してしまうのだそうです。

アボカドにとって理想的な保存温度は「人間が過ごしやすい温度」が最適だとされています。

アボカドの美味しい食べ方とは?

では最後にアボカドの専門店が教える美味しい食べ方をご紹介します。

アボカド+お茶漬け

普段食べているお茶漬けにカットしたアボカドを入れるとまた違った美味しさがあります。

アボカドの油分が程よく染み込んでいき、まろやかさが出てボリュームもアップするので非常に食べ応えがあります。

アボカド+うなぎのタレ

アボカドの丸い部分にうなぎのタレを入れて食べると美味しく食べることができます。

その味はまるでトロを食べているかのような濃厚さがあります。

魚感が出て、刺身を食べているかのような味となるので、また違ったアボカドの味が楽しめます。

まとめ

今回は10月3日に放送された「ハナタカ優越感」で紹介されたアボカドの美味しい食べ方や保存方法や食べごろの時期などをご紹介しました。

今ではすっかりメジャーな食材となったアボカドは様々な料理に使われています。

そしてそのアボカドはこれからが一番美味しい時期に差し掛かるようです。

今回ご紹介した保存方法も活用し、いつでも美味しいアボカドを食べていきましょう。



スポンサーリンク