テレビ(料理・健康・お役立ち)

【くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館】茹でたパスタをソースに絡ませるには茹で汁がポイント【8/8放送】

2019年8月8日に放送された「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越感」では茹でたパスタにソースを絡めやすくする方法が紹介されました。

パスタを食べるとなったら、ソースがしっかり絡んでいた方が美味しく食べられますよね。

ただいざ自宅でパスタを作るとなかなかソースが絡まずに、ソースを増やしてみたりする方も多いと思います。

実はパスタにソースを絡ませるとなったら湯切りは不要で、茹で汁を使うことがとても重要なのです。

では、何故茹で汁を使うとパスタにソースが絡みやすくなるのでしょうか?



スポンサーリンク

何故茹でたパスタの茹で汁を使うとソースに絡みやすくなるのか?

では、何故茹でたパスタの茹で汁を使うとソースが絡みやすくなるのでしょうか?

実は茹で汁にはパスタを茹でたことによって、でんぷん質が含まれています。

そしてこのでんぷん質によって乳化が促されていきます。

そうすると水分と油が混ざっていくため、ソースも絡みやすくなるという仕組みです。

最近ではパスタと茹で汁を分けるための鍋も販売されています。

2層になっているため、簡単に茹で汁を残したままパスタを取り出すことができます。

いちいちトングでパスタを取ってフライパンに入れるというのが面倒だという方は、こういった鍋を利用するのもオススメです。

まとめ

今回放送された「くりぃむしちゅーの優越感!ハナタカ」ではパスタのソースを絡めやすくする方法が紹介されました。

パスタを茹でた後は、ついつい鍋を持ってザルにパスタを流してしまいがちです。

そうすると、なかなかパスタにソースが絡まずに美味しくできないと感じたこともあったのではないでしょうか?

ついつい捨ててしまう茹で汁に、美味しいパスタを作る秘訣があったんですね!

茹で汁を使うだけで大分ソースに絡みやすくなるので、一度試してみる価値はあります。

パスタを作ることが多いという方は、2層に分かれている鍋を使ってみるのも良い方法でしょう。



スポンサーリンク