知っておくと便利な豆知識

秋分の日は何をする日?過ごし方や由来・意味について

秋の祝日の1つといえば、「秋分の日」があります。

「秋分の日」はよく耳にする事は多いですが、何をする日なのでしょうか。

改めて、聞かれると答えにくいかもしれません。

今回は「秋分の日」は何をする日なのか、また過ごし方や意味や由来について紹介していきます。



スポンサーリンク

秋分の日について

秋分の日とは

「秋分の日」とは、9月下旬頃にある国民の祝日です。

法律で「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」とちゃんと書かれています。

ちなみに今年(2019年)の「秋分の日」は9月23日(月)です。

実は「秋分の日」は国立天文台で決められているため、毎年日にちは定まっていません。

法律でも「秋分日」として、書かれているのです。

毎年、指定の日があると思っていましたが、意外ですね。

もし宜しければ1度、内閣府のHPを見てみて下さい。

参照:内閣府HP

他の祝日についても書かれているので、新たな発見があるかもしれません。

秋分の日の決め方

「秋分の日」は国立天文台が計算して決まりますが、毎年2月に官報(政府が発行しているもの)で翌年の暦の要項が発表されます。

秋分という二十四節気(にじゅうしっせき)の1つがあります。

その秋分が太陽の秋分点を通過するタイミングがあって、そこを通過する日が秋分日で「秋分の日」です。

ちなみに秋分点は、黄道(太陽の通り道)と天の赤道(赤道を延長したもの)が交わった点を指します。

「秋分の日」は昼と夜の長さがほぼ同じになるのです。

二十四節気(にじゅうしっせき)とは、旧暦で季節を表すものです。

秋分の日は何をする日なのか

「秋分の日」はご先祖様を供養する日で、お彼岸(おひがん)に当たります。

お彼岸とは、「秋分の日」を真ん中として前後3日間の7日間の事です。

この真ん中の日を中日(ちゅうにち)と呼びます。

昼と夜の長さがほぼ同じの「秋分の日」は、太陽は真東から真西に沈みます。

仏教では方位の東がこの世、西があの世と考えられていて、「秋分の日」は仏様に祈りを捧げるのに適しているようになっていたみたいです。

このため、お彼岸はお墓参りをして掃除やお供え物をするなど、ご先祖様を供養して過ごす方が多いようです。

ちなみにお彼岸は「秋分の日」だけではなく、春のお彼岸として「春分の日」も当てはまります。

お彼岸は春と秋の年に2回もあるのですね。

秋分の日の由来・意味について

秋分の日の由来

以前「秋分の日」は宮中祭祀(きゅうちゅうさいし)として、秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)が開かれていました。

これの旧祭は歴代天皇や皇族など神霊を祀る儀式です。

1948年から「国民の祝日に関する法律」で制定されて「秋季皇霊祭」から「秋分の日」へ変更されました。

ちなみに「春分の日」も以前は「春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)」となっています。

秋分の日の意味

「国民の祝日に関する法律」によると、「秋分の日」の意味は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」と書かれています。

二十四節気(にじゅうしっせき)の1つです。

国民の祝日として、大事な意味をもっているのですね。

秋分の日の過ごし方

「秋分の日」はご先祖様をうやまい、なくなった人々をしのぶという意味があり、お墓参りに行く方も多いのではないでしょうか。

お墓のみならず自宅の仏壇を掃除して、お供え物をして花や線香をあげますよね。

お供え物として、「秋分の日」はおはぎをご先祖様の供養のためにお供えするそうです。

それには理由があり、秋の時期に収穫される小豆に魔除けの効果があると言われていたようです。

お彼岸の時期に小豆が邪気をはらってくれるとされていたみたいです。

小豆を皮ごと使った粒あんにする事が多いようです。

ご先祖様をうやまうためにお墓参りをするのも1つの過ごし方だと思います。

また、この機会にご先祖様の話をしてみるのもいいかもしれません。

今まで知る事のなかった事があると思います。

自らの家系を知る事で今年はいつも違う「秋分の日」を過ごしてみて下さい。



スポンサーリンク