テレビ(料理・健康・お役立ち)

【名医のTHE太鼓判!】スーパー健康料理!豚肉の生姜焼きの作り方(レシピ)!(4月29日放送)

2019年4月29日にTBS系列「名医のTHE太鼓判!」で放送されました、全世代に効果があるパーフェクトな豚肉の生姜焼きのレシピ(作り方)について紹介します。



スポンサーリンク

スーパー健康食・豚の生姜焼きの全世代に与える効果とは!?

健康になる料理ベスト10・堂々の1位に輝いた豚の生姜焼きの効果を説明していきます。

日頃の食事でも馴染みのある豚の生姜焼きは、肥満防止・睡眠障害の改善・更に脳の活性化などに効果が期待出来る理想の栄養食です。

現代の全世代が慢性型低栄養であり、ビタミンB1が不足しています。

ビタミンB1が不足する事で肥満体質・胃腸障害・疲労蓄積の恐れがあります。

その状況は、豚肉の生姜焼きにあるものを加えることで、不足しているビタミンB1をしっかりと摂取する事が出来ます。

次に名店から学ぶ豚の生姜焼き料理法を3つのポイントに分けて、説明していきます。

1.ビタミンB1の吸収率10倍

豚肉にはビタミンB1の量が牛肉や鶏肉に比べて、約10倍で栄養抜群の食材です。

ビタミンB1は肥満防止・睡眠改善・脳の活性化などに効果があり、更に効率よく取れる食材として、タマネギがあります。

タマネギは血液をサラサラにするアリシンを含み、ビタミンB1の吸収率を10倍高めてくれます。

ただ、ビタミンB1は水溶性で体内では溶けやすく吸収率が良くありません。

そこで豚肉とタマネギを足す事で脂溶性に変化して、体内で溶けずに吸収率が格段にアップします!

2.ビタミンB1の流出を防ぐ小麦粉

バラ肉よりもロース肉の方がビタミンB1の量が1.5倍以上と多く含まれています。

ちなみに成人男性のビタミンB1の1日の摂取量は1.4mgで、豚ロース170gに相当します。

ビタミンB1は水溶性であり、加熱で豚肉の水分と一緒に溶けてしまいます。

そこで登場するのが小麦粉で、豚肉をコーティングする事でガードの役割を果たして、ビタミンB1の流出が抑えてくれます。

また、お肉が縮まり固くなりにくくなるメリットもあります。

3.栄養分を閉じ込める加熱法

一度、オーブンの中へ入れる事で表面がカリっと、中はジューシーになります。

これはビタミンB1を含めた栄養素が中に閉じ込められる理にかなった調理法です。

豚肉の生姜焼きの作り方(レシピ)

材 料

豚のスペアリブ
タマネギ
生 姜
マイタケ
リンゴ酢
小麦粉

タ レ
醤 油
みりん

作り方

1.豚のスペアリブ(骨付き)を小麦粉でしっかりコーティングをします。

2.フライパンで、お肉にしっかりと火を通します。

3.そこにすりおろしたタマネギと生姜を入れます。

4.そして、今回のポイントとなるマイタケとリンゴ酢を加えます。

※豚肉の生姜焼きの弱点であるカルシウムの補ってくれます。

5.最後に醤油とみりん・酒を混ぜ合わせたタレを加えれば、完成です。

ポイント

リンゴ酢の酢酸である酸が骨を溶かして、カルシウムの成分をタレに含ませます。

さらにマイタケのビタミンDがカルシウムの吸収を促進する効果があります。

まとめ

今回は「名医の太鼓判!」健康料理ランキング1位に取り上げられた豚肉の生姜焼きを紹介しました。

肥満防止・睡眠障害の改善・脳の活性化などの効果に期待出来る理想の栄養食・豚肉の生姜焼きを試してみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク