知っておくと便利な豆知識

体育の日の由来や意味!2020年はスポーツの日になる?!

秋の祝日の1つとして「体育の日」を聞いた事がある人も多いと思います。

実は「体育の日」が来年から「スポーツの日」に変更になるとの話が上がっています。

今回は体育の日の由来や意味について、更に2020年はスポーツの日になるのか、ご紹介していきます。



スポンサーリンク

体育の日の由来と意味について

体育の日とは

「体育の日」は毎年10月の第2月曜日の祝日です。

1999年まで、毎年10月10日が体育の日になっていました。

しかし、翌年の2000年からは「ハッピーマンデー制度」によって、10月10日から10月の第2月曜日に変わったのです。

この「ハッピーマンデー制度」は祝日を月曜日にして、土曜日・日曜日・月曜日の連休にする制度になります。

今後、3年間の「体育の日」は以下の日時です。

〇 2019年 ⇒‪ 10月14日‬‬

〇 2020年 ⇒ ‪10月12日‬

〇 2021年 ⇒ ‪10月11日‬

「体育の日」以外の祝日である「成人の日」・「海の日」・「敬老の日」もハッピーマンデー制度が適用されます。

体育の日の由来

日本を含めたアジア初のオリンピックが1964年に東京で開催されて、10月10日に開会式が行われました。

1964年の東京オリンピックといえば、現在放送されているNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~」でも紹介されていますね。

アジア初の東京オリンピックでの選手達の活躍で感動を与えた事や、戦後の日本の経済成長など称えて、2年後の1966年に10月10日を国民の祝日「体育の日」として制定したのです。

今では様々なスポーツイベントが行われている「体育の日」ですが、東京オリンピックが関係していました。

体育の日の意味

「体育の日」の意義は、以下のような事が法律に書かれています。

「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」

引用元: 国民の祝日について (内閣府)

「体育の日」は様々なスポーツや運動を楽しみながら、健康な体と他人を尊重する精神を培う事が目的になっているのですね。

個人だけではなく人と関わりながら、肉体と精神の両面の成長を大事にしているようです。

しっかりと法律に書かれているとは驚きました。

機会があれば、内閣府のHPを見てみるのもいいかもしれません。

体育の日は特異日?

「体育の日」は「晴れの特異日」だと言われているようです。

特異と聞いて、すぐにピンとこないかもしれません。

特異日とは、高い確率で特定の気象状態が現れる日の事を指します。

当時の10月上旬から中旬は天候が落ち着いたようで、更にデータから晴れる日を分析していたと言われています。

1964年は10月14日が「晴れの特異日」とされていましたが、10月10日が土曜日だった事から国民の注目を集めやすい判断されたそうです。

しかし、「体育の日」でも雨になる事も多くあったみたいで、「体育の日」が「晴れの特異日」とは断定する事は出来ないようですね。

流石に毎年固定の日が晴れになる事は難しいでしょうね。

2020年にスポーツの日になることについてやその理由

スポーツの日になる理由

冒頭の部分でも少し触れましたが、2020年の東京オリンピックから「体育の日」は「スポーツの日」に変更されます。

2020年の限定ではなく、翌年以降も適用されるのです。

「体育の日」は学校の体育のイメージが強いようで、運動を純粋に楽しむなどの理由から「スポーツの日」に名前が変わったみたいです。

これは2018年6月に施行された法律になります。

2020年のスポーツの日は?

2020年から「体育の日」が「スポーツの日」に変わります。

しかし、2020年の1年だけに関してはオリンピックの関係から祝日の日時が異なるようです。

2020年は東京オリンピックが開催されますが、7月24日が開会式になります。

そのため開会式の当日と前日、更に閉会式の8月9日の翌日が祝日になるようです。

〇7月23日(第3日曜日)⇒「海の日」

〇7月24日(10月第2月月曜日)が「スポーツの日」

〇8月11日が「山の日」

2020年に限っては、上記のようになります。

これには目的があり、社会人や学生の通勤や通学の混雑を抑えて、オリンピック選手達や関係者達が移動する時の交通規制や観光客による混雑を緩和させるためだそうです。

今までにない対応のため経済へ大きな影響を与えると危惧する慎重論も上がっているようです。

初の試みが果たして、どのような結果になるのでしょうか。

1964年に開催された東京オリンピックから56年の時が経って、2020年に再び東京で行われるオリンピックになりました。

2度目の自国開催に期待が高まり、大いに盛り上がりを見せると思います。

NHK大河ドラマ「いだてん~オリムピック噺~」では1964年の東京オリンピックが描かれていますが、本番前に見てみるのもありかもしれません。

早くもチケット抽選など、準備が進む東京オリンピックをそれぞれの家族のスタイルに合わせて楽しみましょうね。



スポンサーリンク