テレビ(料理・健康・お役立ち)

【名医とつながる!たけしの家庭の医学】5月の医食旬材「イワシ」の漬け丼・ホイル焼きのレシピ(5月14日放送)

2019年5月14日にテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」が放送されました。

5月の医食旬材「イワシ」の栄養パワーを効率良く摂取するレシピ(作り方)を紹介します。



スポンサーリンク

5月の医食旬材「イワシ」が与える健康効果とは!?

医食旬材とは薬に勝るとも劣らない栄養パワーを持っている旬の食材のことです。

今回紹介するのは、5月の医食旬材「イワシ」です。

イワシの脂に含まれるEPA・ DHAは血糖値低下・血圧低下・脳卒中・心臓発作血管の病のリスク低減してくれます。

旬の時期である5月に含まれるイワシのEPAは、少ない時期(3月)に比べて7倍、DHAも1.5倍になるのです。

こんなに人におすすめです!

・血圧が高めの方

・血糖値が気になる方

・血管の老化が気になる方

イワシのEPA・DHAを効率よく摂る調理方法を2つ紹介していきます。

イワシの漬け丼の作り方(レシピ)

イワシは焼くと栄養の効果が落ちてしまいます。

刺身でイワシを摂取するのも良いですが、もっと効果を高める料理があります。

その料理とは、イワシの漬け丼です!

イワシの漬け丼は摂取に理に適っている料理です。

材料

・イワシの刺身
・ご飯

(A)
・しょうゆ 100cc
・みりん  10cc
・しょうが 少々
・ニンニク 少々

作り方

1.(A)を混ぜ合わせて漬けダレを作ります
2.イワシの刺身を漬けダレに入れて、ご飯の上に盛り付ければ、あっという間に完成です。

薬味にはニンニクとショウガなど抗酸化作用の強いものを使います。

体内の血液がよりサラサラになる効果が期待出来ます。

イワシのホイル焼きの作り方(レシピ)

イワシのホイル焼きは、自宅で簡単に出来て、手間も掛からなく、栄養もしっかり摂れます。

アルミホイルで料理する事でイワシの脂が封じ込められます。

野菜やシメジにDHA・ EPAが染み込んで逃さずに摂る事が出来ます。

材 料(1人分)

・イワシ   2尾
・にんじん 10g
・小松菜  10g
・たまねぎ 30g
・しめじ  20g
・バター   10g
・塩コショウ 少々

作り方

1.アルミホイルの上に材料を次々と乗せていき、開いたイワシを最後に乗せます。

2.材料を入れたアルミホイルで包み、フライパンで蒸し焼きにします。

3.そして、完成です。

旬のイワシはカルシウムも豊富に含まれています。

料理が出来上がりましたら、クエン酸の多いレモンを絞るとカルシウムの吸収率がアップします。

まとめ

今回は「名医とつながる!たけしの家庭の医学」5月の医食旬材・イワシの漬け丼・ホイル焼きを紹介しました。

5月の医食旬材「イワシ」は血糖値低下・血圧低下・脳卒中・心臓発作・血管の病のリスク低減する効果があります。

自宅で手軽に出来るイワシ料理を試してみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク