知っておくと便利な豆知識

「ハロウィンのかぼちゃ(おばけ)の名前は?意味や由来をご紹介!」

世界中で行われているハロウィンは、秋の一大イベントとして定着していますね。

知名度が高くなったハロウィンですが、使われているかぼちゃ(おばけ)の名前を知っているでしょうか。

今回はハロウィンのかぼちゃ(おばけ)の名前を始め、意味・由来について、ご紹介してきます。

ハロウィンのかぼちゃ(おばけ)の名前とは


毎年、秋に行われるハロウィンですか、そのシンボルであるかぼちゃ(おばけ)の名前を聞いた事はあるでしょうか。

カボチャ(おばけ)の名前は「ジャック・オー・ランタン」と言います。

英語では「Jack-o’Lantern」と表記されます。

他にも「ジャック・オゥ・ランタン」や「ジャック・ランタン」と、呼び名や表記が若干変わる場合もあるようです。

この「ジャック・オー・ランタン」は、ジャックという伝承上の人物の名前から由来しています。

彼はヨーロッパのアイルランド(またはアイルランド共和国)というアイルランド島にある国にいた人物です。

ハロウィンのかぼちゃ「ジャック・オー・ランタン」の意味と由来

ハロウィンのかぼちゃ「ジャック・オー・ランタン」の意味

「ジャック・オー・ランタン」の意味は、「ランタン持ちの男」と言います。

ヨーロッパのアイルランド地方では、ハロウィンの日は悪魔やおばけが人間界に入りこんでくるとされていたので、人間達は自らの身を守る必要がありました。

その方法の1つとして自宅の玄関口には「かぼちゃのおばけ」を魔除けとして置いています。

自宅に中に悪魔達が入らないようにしていたようです。

ハロウィンのかぼちゃ「ジャック・オー・ランタン」の由来

続いて「ジャック・オー・ランタン」の由来について、紹介していきます。

ジャックという1人の男性と悪魔とのやり取りが関係していました。

昔、アイルランドにジャックという、怠け者で嘘つきのずる賢い男がいました。

あるハロウィンの夜のこと。

ジャックは、地獄からこの世に来ていた悪魔を騙した上、今後10年間は自分の魂を取りに来ないことを約束させます。

10年後、その時の悪魔がジャックの魂を取りに来ましたが、またもやジャックは悪魔を騙し、

「今後二度と、自分の魂を取りに来ないこと」

という取引をします。

悪魔は約束通り、ジャックが死ぬまで彼の元を訪れませんでした。

やがて、ジャックも天寿を全うして死にました。

生前の行いがあんまりだったジャックは、天国に入れてもらうことが出来ずに、仕方なく地獄に向かうことにしました。

そこで出会ったのはあの時の悪魔、三度目の再会です。

悪魔は、

「生前の約束で、お前の魂は取れない」

と言って、ジャックは地獄にも入れてもらえません。

「オレは、どこへ行けば良いんだ・・・」

暗闇の中、行き場所をなくし立ちすくむジャックを見かねて、悪魔は地獄で燃えている炎の塊をジャックに分けてあげました。

ジャックは道端に転がっていたかぶをくり抜いて、その中に炎を入れるとランタン(提灯)を作りました。

どこへ行けば良いのかわからないまま、ジャックはランタンを持ちながらあてのない旅に出ました。

死んでから一人きり、ずっと独りぼっちのジャックは現在もランタンを手に、この世とあの世を、行くあてもなく永遠に彷徨い続けているのです。

引用元: 日めくりオトナ稼業

このような出来事が「ジャック・オー・ランタン」の由来だったのですね。

最初、かぼちゃではなくて、かぶを使っていたとは驚きです。

なぜ、かぶからかぼちゃになったのか気になりますが、ハロウィンの原点とともに説明していきます。

ハロウィンの意味や原点について

ハロウィンの意味

ハロウィンはキリスト教の「万聖節(ばんせいせつ)」の前夜祭の事と意味しています。

「万聖節(ばんせいせつ)」は年1回、11月1日に行われる聖人(模範となるような人)に祈りを捧げる日になります。

農作物などの収穫をお祝いして、更に悪い霊を追い払う意味があったようですが、実は元々ハロウィンはケルト民族の行事が原点なのです。

次にハロウィンの原点を紹介していきます。

ハロウィンの原点

ハロウィンの始まりは紀元前(紀年法という紀元よりも前の年々)の古代ヨーロッパ時代、ケルト民族の行事である「サウィン」という新年を迎えるお祭りだそうです。

当時と今の日本を比べてみると、11月1日⇒1月1日(新年)・10月31日⇒12月31日(大晦日)になります。

「サウィン」は新年を迎えるためにその年の収穫を感謝するお祭りです。

毎年10月31日に人の魂が1日だけこの世に戻ってくると考えられていました。

しかし、その日は人の魂のみならず、悪魔もやってくるためケルト民族は襲われないように身を守る方法を取ります。

それは悪魔達を追い払うために仮装や火を焚いていたのです。

収穫祭で焚いていた火を自宅に持ち帰って、悪霊達を近付けないようにしていました。

当時は「サウィン祭」でしたが、時は流れてキリスト教の影響を受けて「万聖節(ばんせいせつ)」の前夜祭「ハロウィン」に変わっていったのです。

かぶからかぼちゃへ変わった理由

ハロウィンは元々ケルト民族の収穫祭でしたが、その頃はかぶを使っていました。

その後、現地にいた人達がアメリカに移民して、手に入りやすかったカボチャを使い始めます。

ハロウィンのカボチャは、キリスト教とともに多くの地域に知れ渡るようになって現在に至りました。

今でもアイルランドのケルト文化が根強い場所ではかぶを使っているみたいです。

ハロウィンの仮装の理由

仮装する本来の意味

ハロウィンで多くの人達が仮装をしていますが、その理由はちゃんとありました。

ハロウィンの原点は「サウィン祭」とケルト民族の行事ですが、悪霊達から身を守るために自宅の玄関口に火を焚く以外の事もしていたようです。

それは悪霊達と同じ服装をして、彼らを追い返そうとしていました。

彼らと同じ服装で油断させてたり、恐怖を与えるためだったようです。

これが仮装の始まりではないかと考えられています。

ハロウィンの現在の仮装

移民した人達によってハロウィンがアメリカ全体に浸透していき、今では全世界でも知られるようになりました。

日本でもハロウィンの時は全国の各地で大いに盛り上がりを見せています。

昔は収穫祭や悪霊を追い払い意味が強くありましたが、現在では仮装イベントとしてイメージが強くなっています。

今回、ハロウィンの事を更に知る事が出来たのではないでしょうか。

本来の意味を知った上で、今後のハロウィンも楽しんでいきましょうね。



スポンサーリンク